30分で乗れるようになった 子供の自転車の「乗り方・教え方」

子供

こんにちはseraです。

子供が成長していくと「自転車」に乗る為に「乗り方」を教えてあげると思います。

自転車の練習を始めて「30分後」には、1人で乗れるようになりました。

どのように教えて「自転車の練習」をしたのかを紹介します。

自転車に乗る為に重要なのは「バランス」

子供が自転車に「いかに早く・安全で・簡単に」乗れるようにしてあげたいと思います。

子供に最短で自転車に慣れさすには、「バランス」感覚を体に覚えさすことです。

自転車に乗る「バランス」が指す意味は、2輪車に足をあげた状態で乗れることができる感覚のことです。

「ストライダー」に乗って遊んでいた子は、自転車に乗れるのが早いと言われています。それは、2輪車に乗るバランスを体が覚えてるから早いんです。

ストライダーは単体で自立することができません。その為、お子様自身がバランスを取りながら乗る必要があります。繰り返しストライダーで遊ぶうちに、子どものバランス感覚は研ぎ澄まされ、反射神経は敏感に反応していくようになります。

自然とバランス感覚や集中力が高まり、脳の活性化にも有効な働きをもたらすと言われています。

STRIDER ホームページ 引用

ストライダーと自転車の違う点

  • ブレーキの有無
  • ペダルの有無
  • 車体の大きさ・重さ

ストライダーなどの2輪車に乗り慣れていると、ブレーキがないので足で止めることが「癖」になっています。

これは、自転車に乗れるようになると、「ハンドルのブレーキ]を使って止まるように変わります。最初の内は、足で止めてしまいますがすぐにできるようになります。

2輪車に乗り慣れていない子の場合

自転車に乗る上で重要な「バランス」の感覚を、まず覚えていくのがいいと思います。

補助輪なしで「ペダル」を外し、足で地面を蹴って自転車が前に進む練習から始めるのがいいと思います。

両足をあげて乗れるようになれば、ペダルをつけてあげて下さい。

その後は、「これから書く順番」で練習してみてください。

2輪車に乗り慣れている子の場合

ストライダーなどの2輪車に乗り慣れている子は、2輪車の「バランス」をとることを体が覚えています。

「補助輪」や「サポートハンドル」などの器具は、必要ないです。

自転車に乗る感覚を練習する(足を地面から離す)

自転車に両足を地面からあげて、乗る練習をします。

ペダル」をこがずに地面を足でける感覚で、「ストライダー」のように自転車に乗りバランスを覚えさせます。

補助してあげる時は、ある程度スピードがでるまで自転車を持っていてあげる。そして、スピードに乗ってくると自転車を押して離してあげる。1人で自転車に乗る感覚を覚えさす。

止まるときには、「ブレーキ」を使うことも教えてあげる。しばらくすると「ブレーキ」を使って止まる以外は、すぐに慣れてくると思います。

これが慣れてくれば「次のステップ」です。

ペダルのこぐ感覚を体で覚えさせる

自転車のペダルのこぎ方」を補助して教えてあげる。

補助のポイントは、子どもが自転車をこいでる間、絶対にこけないように自転車をおさえてあげて一緒に進む。

ペダルをこぐこと」に徐々に慣れてくると思いますので、慣れてくるまで必ず付き合ってあげましょう。

「ペダルをこぐこと」「ブレーキをにぎること」に慣れてくると「次のステップ」です。

ペダルをこいで自転車を1人で運転させる

  • 自転車に乗る感覚を練習する(足を地面から離す)
  • ペダルのこぐ感覚を体で覚えさせる

上記2つを練習後、1人でペダルをこいで自転車に乗ることに挑戦させます。

子供が1人で自転車をこぐ時の「重要なポイント」

  • 少し傾斜になってる道で練習すること
  • ペダルに最初から足をのさた状態でスタート

傾斜がゆるやかな道だと、自転車のペダルをこぐのが楽ですよね?

子供も同じです

子供の足の力では、「自転車のペダルをこいでスタートすること」が慣れるまでしんどいです。

そこで、下りの傾斜を利用すると「ペダルをこぐ」のが楽になります。「バランス」をとりながら自転車に簡単に乗れるようになります。

補助は、自転車のスピードが出るまで押して、手を離してあげてください。

それまで自転車に乗ることを苦戦していたのが、嘘のように「ペダルを楽々とこいで」何とも楽しそうにペダルをこいでいます。

これが、できるようになると子供が「自転車に乗る感覚」をわかるので楽しくなっていきます。

自転車に乗れてる時間が長くなれば、自然に「バランス」「ペダルをこぐ」が上達していきます。

まとめ

自転車の練習に少しでも傾斜のある道は、危険だと考えてる方が多いです。それは、確かです。

しかし、少しの下りの傾斜を利用した方が「自転車の練習すをる方が早く上達する」と思います。

なぜならば、「斜面で乗る練習」をしてから、急激に自転車に乗る感覚をつかんで上達したからです。

この練習方法で、「4歳の男の子」が自転車に「30分で乗れる」ようになりましたので練習の参考にしてみてください。