薄毛・ハゲの治療する薬は本当に効くのか

薄毛・ハゲ

こんにちはseraです。

薄毛・ハゲの治療薬は、本当に効くのか、、、。

「脱毛を防ぐ薬」と「発毛を促す薬」について書きたいと思います。

「脱毛を防ぐ薬」

抜け毛を防ぎ薄毛の進行を抑える薬があります。

  • プロペシア
  • フィンペシア(プロペシアのジェネリック)
  • フィナロイド(プロペシアのジェネリック)

プロペシアは、AGA治療で使われてる薬です。男性ホルモンに作用してる抜け毛の原因を取り除き薄毛・ハゲの進行を遅延する効果があります。プロペシアには、発毛の効果はありません。

フインペシア・フィナロイドは、プロペシアのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことです。ジェネリック医薬品は、開発費・臨床実験などのコストが抑えられるため、価格も先行医薬品(プロペシア)と比べても低くなります。

プロペシア(先行医薬品)とフインペシア・フィナロイド(ジェネリック医薬品)の費用は違いますが、成分はほぼ同じものが使われてるとされています。

※ただし完全なコピーではないので注意してください。

ジェネリック医薬品

フィンペシア(ジェネリック医薬品)は、価格が安くて魅力的です。フィンペシアを買いたい人は、個人輸入で手に入れることになります。

「オオサカ堂」という、個人輸入で手に入れることができる有名なサイトがあります。

僕も「オオサカ堂」でプロペシア1.0mgを個人輸入にて購入しています。価格も日本で買うより抑える事ができます。

日本でクリニックに行くと、プロペシアの薬代で9,000円で28錠でした。オオサカ堂で買うと約5,200円で28錠です。毎月かかるコストが安く抑えることができます。

  • フィンペシアは、約2,000円で30錠
  • フィナロイドは、約1,900円で30錠

フィンペシア・フィナロイドは、有効成分・フィナステリドが含有されている男性型脱毛症(AGA)治療薬です。

個人輸入の方がコストを抑えられる

プロペシア(先行医薬品)・フインペシア・フィナロイド(後発医薬品)のどちらを服用するにしても、個人輸入の方がコストを抑える事ができます。いきなり、個人輸入でAGAの薬を服用するのは、不安だと思います。

僕も、最初の1年間ぐらいは、クリニックに通い診察してもらい、薬を出してもらってました。服用してから1年後に、個人輸入でプロペシアを買うようになりました。

何故、個人輸入に変えた理由は、1年間通院しても、診察内容が頭皮を診察して変わりがないかの確認、体調の確認をするのみでした。診察料もかかるし、体調がおかしい時にだけ来ても変わらないなと思ったからです。

その後も特に体調がおかしくなることもなく、11年間個人輸入で買って服用してます。

個人輸入は、自己責任で管理しないといけないので、体調がおかしい時はすぐに医療機関に相談に行かなければなりません。

「発毛を促す薬」

発毛を促す薬は、「ミノキシジル」という成分が毛の生成と成長を促します。

「ミノキシジル」には、内服薬と外用薬があります。

「内服薬」は、血流にのって細胞まで届くので外服薬よりも高い発毛効果が発揮できるとされています。成分の吸収も早く、効果を実感しやすいとされています。

「外服薬」は、大正製薬のリアップなどが有名で、直接塗り込むタイプです。成分の浸透率は、「内服薬」と比べると効果を実感するのに時間がかかるとされています。

ミノキシジル内服薬は、AGA治療薬として認可されていない

ミノキシジルを含有する「ミノキシジルタブレット」という内服薬があります。認可されてる医薬品でないので、個人輸入か医師の処方があれば購入する事ができます。

ミノキシジルは、アメリカで高血圧の治療薬として認可されています。高血圧の治療のためミノキシジルを飲んだ人が、毛髪や体毛が濃くなる副作用から、AGA治療にミノキシジルの外用薬が開発されました。

ミノキシジルを飲むと、血管の中が広がり、血圧がさがります。副作用として動悸・むくみ・息切れなどの症状がでることがあるようです。個人輸入で服用し始めて、むくみ・初期脱毛などの症状は、よく聞きます。

内服薬の方が効果はある

リアップの製造元の大正製薬は、ミノキシジルが入った塗り薬の、濃度を調整しているようです。もっと濃く作ろうとおもえば作れるわけです。心血管系に悪影響がでないようにしているみたいです。

外国製のミノキシジル含有の塗り薬は、たくさんあります。濃度も倍以上濃い商品もあります。それでも外用薬より内服薬を服用した方が、効果がでるようです。

外用薬は、頭皮のかゆみ・かぶれなどの比較的軽い症状が起こる副作用に対し、内服薬は、軽い皮膚のトラブルから、頭痛・動悸など重い症状が起こる可能性があります。

まとめ

AGA治療の「脱毛を防ぐ薬」プロペシアは、認可されてる薬のため服用されてる方は多いのかなと思います。

「発毛を促す薬」ミノキシジルは、外用薬として認可はされているが、内服薬としては認可されていない。だから外用薬の利用されてる方が多いようです。

個人輸入で買う事ができるため、自己責任で服用されてる方の経験談からもミノキシジルタブレットは、発毛する可能性が1番高いのだなと思います。副作用は、あるようですが、、、。

僕は、外用薬のみ使用してますが、1度ミノキシジルタブレットを服用してみようと思っていますので、また記事にしたいと思います。