子供の習い事「英会話スクール」・英語は話せるようになるのか

子供

こんにちはseraです。

子供の習い事で人気があるのは、「水泳」「ピアノ」「英語」ですよね。

「英語」の習い事「英会話スクール」で英語は話せるようになるのか?

日常会話で話すことは、難しいと思います。

なぜなら自分が経験上「英語」を話せないからです。

2020年から小学校も英語教育本格化

2020年「教育改革」と呼ばれて小学生から英語教育が本格化されるようです。

小学校中学年から年間35時間の英語授業をするようです。

「週に1〜2回程度」「月に約3時間程度」

小学校高学年から年間70時間の英語授業をするようです。

「週に3〜4回程度」「月に約6時間程度」

この英語教育の早期化に反対する声もるあるようです。

「まずは日本語から教育する」という意見です。

僕は、母国語なんて、ほっといても覚えれると思っています。

だから、英語教育の早期化は、賛成です。

英語を学ぶのは、早ければ早い方がいいと思う

訪日外国人の増加やインターネット・スマートホンの普及によって外国との距離は、確実に縮まりました。

英語に抵抗感なく親しむにはより早ければ早いほどいい」から小学校から英語が必修にと本格化しました。

この意見も賛成です。

目的には、共感できない

「英語に親しんだり」「英語を楽しんだり」に目的が置かれている。

英語教育では、実践的な英語を身につける目的で、リスニング・スピーキングの重点が置かれているとされています。

小学校の英語授業が、「親しむ」「楽しむ」の目的で教えるのは、子供にとってすごくもったいないです。

小さい子供が英語を吸収できるスピードは、すごく早いです。

「親しむ」「楽しむ」は、保育園・幼稚園で取り入れることだと思います。

リスニング・スピーキングは、小学校からでは遅い

アメリカの研究者が提唱したの習得には3・4歳〜11・12歳までが適してるという考え方です。

個人差があるので、2歳ぐらいから言葉を発し出したりする子もいますが。

日本語において考えても、そうだなとは思います。

子供は、どんどん言葉を吸収して覚えていきます。

小学校に入学する時には、日本で日常生活をしていれば、多くの日本語をリスニングしてスピーキングが普通になっています。

英語は、日常生活で使用しない為、リスニングもスピーキングもすることはないでしょう。

保育園・幼稚園ぐらいから始めるのと、小学校に入る時少しは、リスニング・スピーキングできてると思います。

小学校3年生から英語の授業ではなく、小学校1年生からでもいいぐらいです。

なぜなら、子供は、どんどん言葉を吸収して覚えていくからです。

英会話スクールは、英語の知識はつけれます

僕は、幼稚園〜小学校3年生まで「英会話スクール」に通わしてもらっていましした。

1ヶ月に「8回」、1授業が「2時間」の習い事でした。

当時は、リスニング・スピーキングほどほどに出来ていたと思います。

外国人の先生で授業は、全て英語でやりとりする環境でした。

今は、リスニング・スピーキングが決して「できる」とは言えません。

英語の文章を見て、わからない単語以外は、理解できます。

早くから習えば、英語ができるようになるわけではない

子供に英語を習わせるには、いい習い事だと思います。

日常生活において英語を使用しない環境で、早くから習えば、英語ができるようになることはないです。

日本語は、日常生活において使用されてるから、言語として「話す・聞き取る」が自然にできています。

1ヶ月に数回、数時間の英語の習い事で、英語を日常会話で話すのは無理なのです。

単語を覚えることに関しては、習い事をしているとしていないでは全然異なると思います。

2歳の子供をインターナショナルスクールに入れた

現在4歳になる子供がいます。

子供が2歳になると、言葉ではないですが何かを発するようになりました。

2歳4ヶ月から「インターナショナルスクール」に通い始めました。

現在4歳8ヶ月になり、「2年4ヶ月」通っています。

英語で話し始めると、リスニングの弱い僕は、話すスピードが早くて聞き取りができません。

僕が英語を理解できてないと、理解してるので、僕には英語で話してきません。

子供に「英語」と「日本語」どちらが簡単か聞いてみました。

英語」が簡単で好きと言っています。

※追記:小学校1年生入学時には、英検準2級に合格しています。

小さい時から始めれば、子供は英語・日本語両方話せる

日本語も覚えていない頃から、「英語」に触れている環境にいれば、どちらも話せるようになります。

インターナショナルスクールにいてるときは、全て英語で会話・授業をしています。

月曜日〜金曜日の朝から夕方までの時間です。

日本語の授業は、「1週間に1回・1時間」です。

家での会話は、「日本語」で英語での会話などありません。

特に日本語を教える事は、ありません。

日常生活では、どこへ行っても日本語が入ってくるので、勝手に覚えていきます。

今は、「日本語」「英語」を同時に吸収して成長しています。

まとめ

小学校3年生からではなく、もっと小さい時から「英語」に触れるといいのになと思います。

「自分の小さい時の経験」と「子供が今、経験していること」を比較するとよりわかりました。

英語に触れる時間が日常生活からなくなれば、忘れていきます。

英語が話せるようになるには、日常生活で英語に触れる環境が1番必要なことだと思います。