ミノキシジルタブレット服用・80日目

薄毛・ハゲ

こんにちはsersです。

ミノキシジルタブレット服用して「80日目」が経過しました。

副作用・発毛」について紹介します。

「80日」服用しても副作用はあるのか

ミノキシジルタブレットの副作用は、「80日」を経過しても症状があります。

副作用の症状一覧

  • 多毛症・胸の痛み・動悸
  • めまい・立ちくらみ・むくみ
  • 息切れ・腹痛・血圧の低下(一時的)
  • 頻尿・初期脱毛・痺れ

「71日目〜80日目」は、主に「多毛症」の副作用以外ない状態です。

※空腹時に「ミノキシジルタブレット」を服用すると、「息苦しい」症状が出ます。

副作用(期間別)

1日〜10日目

  • 顔の一部(下唇)に痺れ
  • 呼吸がしにくい症状
  • 立ち上がり時めまい

11日〜20日目

  • 初期脱毛」が始まる
  • 呼吸がしにくい症状(時々)

21日〜30日目

  • 初期脱毛」が継続している

31日〜40日目

  • 空腹時の服用で「息苦しい」症状
  • 初期脱毛」の症状でハゲ面積増える→精神的にきつい時期

41日〜50日目

  • 初期脱毛」が終わった気がする
  • 多毛症」が起こる
  • 頭頂部」「体毛のなかった部分」から「産毛のような細い毛」が発毛

51日〜60日目

  • 空腹時の服用で「息苦しい」症状が起こる
  • 多毛症」の症状(頭頂部・体全体)

61日〜70日目

  • 多毛症」の症状(頭頂部・体全体)
  • 頭頂部のハゲ」→「産毛のような細い毛」「コシのあるしっかりした毛」発毛

※頭頂部のハゲから「発毛してる毛」は、ほとんど「産毛のような細い毛」です

71日〜80日目

  • 多毛症」の症状(頭頂部・体全体)
  • 頭頂部のハゲ」→「産毛のような細い毛」「コシのあるしっかりした毛」発毛

※「頭頂部のハゲ」→「産毛のような細い毛」の発毛量が増えている

「ミノキシジルタブレット」で発毛するのか

「ミノキシジルタブレット」を服用して「80日」経過した時点では、頭頂部のハゲに「産毛のような細い毛」が大半ですが発毛しています。

ミノキシジル(外用薬)のみを使用していた時より、「ミノキシジルタブレット」を服用してからの方が「頭頂部の発毛」に変化があります。

ミノキシジルタブレット」は3ヶ月目〜6ヶ月目に発毛が実感でき始めることが多いようです。

ハゲてる所からの発毛割合

「産毛のような細い毛」:「コシのある太い毛」=8:2

産毛のような細い毛」は、確実に発毛量が増えています。

コシのある太い毛」の発毛量が少ない状態ですが、これからの発毛に期待したいと思います。

「ハゲ・薄毛」対策で効果のある方法

「ハゲ・薄毛」の対策には、「攻める・守る」の2種類があります。

  • 攻める:発毛するための対策
  • 守る:抜け毛を防ぐための対策

攻める:発毛するための対策

発毛に最も効果があるのが「ミノキシジル」です。

本来は、高血圧の治療薬として使用されていました。高血圧の治療の為にミノキシジルを飲んだ人の「毛髪・体毛」が濃くなる副作用から、AGA治療にミノキシジルの外用薬が開発されました。

  • 外用薬:ミノキシジル含有の塗り薬(リアップX5など)
  • 内服薬:ミノキシジルタブレット(AGAの治療薬としては認可されてません)

最初は、ミノキシジル(外用薬)のみを使用していましたが「発毛の効果」を実感できなかった。

ミノキシジルタブレット(内服薬):5mg」を服用後、少しの発毛が実感できた。(服用期間:約3ヶ月

ミノキシジルタブレット:5mg」の副作用に躊躇していたが、体調不良になるような副作用がなかった。

頭頂部のハゲてる所には、「ミノキシジルタブレット:5mg」の服用後に発毛の効果があった。(前頭部は、ハゲてないので発毛効果がわかりません)

ミノキシジル(外用薬)+ミノキシジルタブレット(内服薬)」は、外用薬のみより発毛効果が期待できます。

守る:抜け毛を防ぐための対策

「ハゲ・薄毛」になる原因は、90%以上がAGA(男性型脱毛症)です。

AGA(男性型脱毛症)には、治療薬を服用することが1番効果があります。

AGA(男性型脱毛症)治療薬

  • フィナステリド(商品名:プロペアシア):2005年10月に厚生労働省に「AGA治療薬」として認可されています
  • デュタステリド(商品名:サガーロ):2015年9月に厚生労働省に「AGA治療薬」として認可されています

AGA治療薬とは、簡単に言うと男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)が原因で「抜ける毛を抜けないようにする薬」です。

僕は、「フィナステリド(プロペシア)」を長年服用していますが、AGA(男性型脱毛症)に治療効果が高いとされている「デュタステリド(サガーロ)」に変えてみます。

「フィナステリド(プロペシア)」より「デュタステリド(サガーロ)」の方が、副作用が現れる可能性が高いのがデメリットのようです。

ブログ内に紹介していますので、興味があればご覧ください

  • AGA治療薬「サガーロ」の効果とは
  • 「デュタステリド」と「フィナステリド」の違い

まとめ

ミノキシジルタブレット服用80日目」の経過を紹介しました。

  • ハゲてる頭頂部に「産毛のような細い毛」の発毛量が増えた
  • 「多毛症の」副作用は継続している

産毛のような細い毛」→「コシのある太い毛」に変わることに期待しながら「ミノキシジルタブレットの服用」を続けたいと思います。

次回「ミノキシジルタブレット服用90日」で経過を紹介します。