ミノキシジルタブレット服用・150日目

薄毛・ハゲ

こんにちはseraです。

ミノキシジルタブレット服用「150日」経過しました。

発毛・副作用」も状態について紹介します。

発毛の状態を写真にて比較します

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「140日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「150日」経過時点

150日」経過しました。10日間の比較だとわかりにくいです。

細い毛」は増えているように感じますが、、、変わってないようにも感じます。

「35日」と「150日」の比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「35日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「150日」経過時点

35日」(1ヶ月+5日)と「150日」(5ヶ月)の写真比較です。

「56日」と「150日」の比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「56日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「150日」経過時点

56日」(1ヶ月+26日)と「150日」(5ヶ月)の写真比較です。

「84日」と「150日」の比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「84日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「150日」経過時点

84日」(2ヶ月+24日)と「150日」(5ヶ月)の写真比較です。

「120日」と「150日」の比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「120日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「150日」経過時点

120日」(4ヶ月)と「150日」(5ヶ月)の写真比較です。

直近1ヶ月の比較(4ヶ月と5ヶ月)を見ても、発毛の変化がわかりにくいです。

ミノキシジルタブレットを服用スタートしてからの写真を比較すると、少しづつですが発毛しているなと思います。

ミノキシジルタブレット副作用

副作用一覧

  • 多毛症・胸の痛み・動悸
  • めまい・立ちくらみ・むくみ
  • 息切れ・腰痛・血圧の低下(一時的)
  • 頻尿・初期脱毛・痺れなど

最近の体に起こった副作用

  • 胃痛(服用後すぐに痛くなる)
  • 湿疹(腕⇨脚⇨腹部・背中等)

現在服用している薬

  • ミノキシジルタブレット5mg
  • デュプロスト0.5mg
  • L-リジン4錠

3種類の薬を服用しているので、「胃痛・湿疹の原因」がミノキシジルタブレットなのか不明です。

L-リジンは、「必須アミノ酸の一種」ですので、可能性が低いと思います。

ミノキシジルタブレット」か「デュプロスト」のどちらかが原因のような気がします。

「150日」服用した内服薬・外用薬

ミノキシジルタブレット5mg

AGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛に発毛効果があるとされているのが「ミノキシジル」です。

内服薬」は、ミノキシジルが血流にのって細胞に届く為「外用薬」より効果があると言われています。

※ミノキシジルタブレットは、AGA(男性型脱毛症)治療薬としての認可を受けている薬ではありません。

ミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬です。有効成分のミノキシジルを含有しています。

ミノキシジルタブレットは、血管平滑筋を弛緩させることで、血管を拡げて血圧を下げる薬です。

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルは、血管を拡げる事で局所の血流の増加を促し、多毛を生じます。髪の毛をはじめとした体毛が濃くなる場合があります。

オオサカ堂 「Noxidil ミノキシジルタブレット」引用

デュプロスト0.5mg

AGA(男性型脱毛症)が原因による脱毛症に対して最も効果があると言われているのがAGA治療薬です。

デュプロスト
デュプロストは、有効成分(デュタステリド)含有の「アボルブのジェネリック医薬品」です。

プロペシア」⇨「デュプロスト」にAGA治療薬を変更しました。

理由は、プロペシアよりデュプロストの方がAGA(男性型脱毛症)に対してより効果が期待できる為です。

AGA治療薬の種類

プロペシア
2005年10月に厚生労働省に認可され、2005年12月に日本国内で発売されたAGA治療薬です
プロペシアのジェネリック
プロペシアと同じ効能の薬です。こうした主成分が同じ薬を「ジェネリック」といい低価格なのが特徴です
サガーロ
2015年9月に厚生労働省に認可されたAGA治療薬です。プロペシアよりAGAに対して効果が期待できる。プロペシアより副作用が起こりやすいことに注意です
アボルブ
アボルブは、「デュタステリド」を主成分にするAGA治療薬です。「デュタステリド」は、サガーロの主成分でもあります。サガーロとアボルブは、有効成分がほとんど同じと言われています。

(バイタルミー)L-リジンプラス

リジンは、発毛効果のあるとされている「必須アミノ酸の一種」です。

  • アミノ酸のL-リジンは、必須アミノ酸の一種で、体の組織の修復する作用がある。
  • L-リジンの摂取が、育毛剤の育毛促進の有効性を著しく増加させる働きがある。
  • 薄毛・抜け毛の治療にL-リジンの摂取が効果的である。

L-リジンを毎日服用していますが、飲んでいるから少し発毛したかどうかは不明です。

「発毛に効果があるとされている点」「必須アミノ酸の一種ですので、体に悪影響があると考えにくい点」から服用しています。

最初に飲んでいたL-リジンがこの商品です。価格も安くて試しに飲みやすいと思います

↓ ↓ ↓

カークランド(Kirkland)5%

カークランドミノキシジルは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

日本国内で取り扱いがある「リアップ」と同じ成分のミノキシジル5%配合しています。

リアップX5」⇨「カークランドミノキシジル」に変更しました。

  • リアップX5プラス1本:約7,600円(1本:60ml)
  • カークランド5% 2本:約3,200円(1本:60ml)

ミノキシジルの含有率は、どちらも「5%」でしたので価格が安い為、変更しました。

まとめ

ミノキシジルタブレット服用「150日」が経過し、発毛の状態・副作用について紹介しました。

5ヶ月が経過し「細い毛」「太い毛」共に少しですが発毛しました。

次回「ミノキシジルタブレット服用160日」で経過を紹介します。