ミノキシジルタブレット服用・140日目

薄毛・ハゲ

こんにちはseraです。

ミノキシジルタブレット服用「140日」経過しました。

発毛・副作用」の状態について紹介します。

発毛の状態を写真比較

「130日」と「140日」の比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「130日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「140日」経過時点

140日」が経過して「細い毛」は少しづつ増えている気がしますが、「太い毛」は増えていないように感じます。

「35日」と「140日」の比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「35日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「140日」経過時点

35日」(1ヶ月+5日)と「140日」(4ヶ月+20日)の写真比較です。

「56日」と「140日」比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「56日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「140日」経過時点

「56日」(1ヶ月+26日)「140日」(4ヶ月+20日)の比較写真です。

「84日」と「140日」比較

左の写真
ミノキシジルタブレット服用「84日」経過時点
右の写真
ミノキシジルタブレット服用「140日」経過時点

「84日」(2ヶ月+24日)「140日」(4ヶ月+20日)の比較写真です。

頭皮への蛍光灯の当たり方もありますが、「84日」時点の方が発毛してるように見えますね。

ミノキシジルタブレット副作用

副作用一覧

  • 多毛症・胸の痛み・動悸
  • めまい・立ちくらみ・むくみ
  • 息切れ・腰痛・血圧の低下(一時的)
  • 頻尿・初期脱毛・痺れなど

蕁麻疹のような副作用について

ミノキシジルタブレット服用で、少数で頻度不明だが「蕁麻疹」の原因になるようです。

実際にミノキシジルタブレット服用後「122日」から「蕁麻疹?湿疹?」のような症状が起こりました。

左腕⇨右腕⇨太もも⇨ふくらはぎ⇨耳の裏⇨首⇨お腹⇨背中

上記の順番で「ぶつぶつ」が次々にできました。

皮膚科にて処方された「塗り薬」で治ると違う場所からぶつぶつがでる状態です。

140日」が経過した時点では、ぶつぶつの症状が治りました。

※ぶつぶつは、「蕁麻疹」ではなく「湿疹」のようです。

蕁麻疹の特徴

蕁麻疹とは、何らかの原因によって皮膚に次のような特徴的な症状を起こす場合をさします。

(1)皮膚に、地図状、または島状の扁平な隆起ができ、発赤とかゆみを伴う。

(掻くことによって線状のものが生じることもある)

(2)30分から1時間、少なくとも一日以内に跡形も残さず消失する。

(3)出現と消失を繰り返し、たとえ同じ所にずっとあるように見えても、場所が少しづつ変わっている。

湿疹の場合は、一日で完全に消失することはありません。自分の皮膚にできたものが湿疹か蕁麻疹かわからない時は、上記の点に注意して観察してみてください。

法貴皮膚科 蕁麻疹〈じんましん〉引用

AGA(男性型脱毛症)治療薬について

AGA治療薬とは、男性型脱毛症(AGA)が原因による脱毛症に対して最も効果があると言われている治療薬です。

薄毛・ハゲで悩む男性の「90%以上」がAGA(男性型脱毛症)が原因で「男性ホルモン・遺伝」が最も影響すると言われています。

AGA治療薬

プロペシア
2005年10月に厚生労働省に認可され、2005年12月に日本国内で発売されたAGA治療薬です
プロペシアのジェネリック
プロペシアと同じ効能の薬です。こうした主成分が同じ薬を「ジェネリック」といい低価格なのが特徴です
サガーロ
2015年9月に厚生労働省に認可されたAGA治療薬です。プロペシアよりAGAに対して効果が期待できる。プロペシアより副作用が起こりやすいことに注意です
アボルブ
アボルブは、「デュタステリド」を主成分にするAGA治療薬です。「デュタステリド」は、サガーロの主成分でもあります。サガーロとアボルブは、有効成分がほとんど同じと言われています。

AGA治療薬の副作用について

AGAの治療薬として「デュプロスト」を服用しています。

デュプロスト
デュプロストは、有効成分(デュタステリド)含有の「アボルブのジェネリック医薬品」です。

プロペシア」⇨「デュプロスト」に変更して「40日」が経過したぐらいに「湿疹」がでました。

※湿疹は、「ミノキシジルタブレット」か「デュプロスト」のどちらかが原因なのかは不明です。この2種類の薬のどちらも関係ない可能性もあります。

過敏症(頻度不明)の副作用

  • 蕁麻疹
  • アレルギー反応
  • 掻痒症
  • 限局性浮腫
  • 血管浮腫

過敏症(頻度不明)が原因で湿疹がこれからもでるようなことがあれば、服用している「ミノキシジルタブレット」か「デュプロスト」の可能性もありそうです。

まとめ

ミノキシジルタブレット服用「140日」が経過し、発毛の状態・副作用について紹介します。

122日」〜「140日」の期間に湿疹の症状がでました。

次回「ミノキシジルタブレット服用150日」で紹介します。