「Dyson(ダイソン)」のヘアドライヤーはいいのか?悪いのか?

未分類

こんにちはseraです。

ダイソンの美容家電「Dyson Supersonic」(ダイソンスーパーソニック)を購入しました。

実際に使ってみた感想などをまとめてみましたので、ドライヤーを検討されてる人は参考にしてください。

ダイソン公式オンラインストア

ドライヤーがいきなり壊れたら最悪です

2018年7月上旬に今まで使っていたドライヤーが、使用中に「ボンッ」と音がしました。

これは、いよいよ壊れたなと確信できる音です。

少し前より、ドライヤーの使用時に異音がしていましたので、そろそろやばいかなと覚悟していました。

いざドライヤーが壊れると、想像以上に不便なもんですね〜。

壊れたドライヤーを見てみますと2009年に製造されたPanasonicのドライヤーでした。

正直な感想は、9年も電化製品のドライヤーが壊れなかったことに驚きました。

さすが「Panasonic」って感謝・感心です!

では、ドライヤーを買う為のリサーチが始まります。

「Panasonic」か「Dyson」のどちらかを買う選択

最終候補にあがったのが「Panasonic」か「Dyson」のドライヤーかに決まりました。

この2つの究極の違いは「価格」です。

「Panasonic」のドライヤー(ナノケア)が値段1万5千円〜2万円

「Dyson」(Super Sonic)のドライヤーが4万〜4万5千円

価格は、当時の探していた時の金額です。現在は、異なるかもしれません。

正直な意見は、「Dyson」高すぎ!

だって「Panasonic」の金額の2倍ですよ!下手したら3倍です!

そら出費を安く抑えたい気持ちが強くなります。

ぼくの中では、完全に「Panasonic」で決まりです。

しかし妻は、どうも「Dyson」が気になって仕方ないようです。

「Panasonic」と「Dyson」を購入前に比較した

それぞれのメーカーの商品の特徴を記載しました。

Panasonic「ナノケア」は、ミネラスマイナスイオンを発生させ、髪を乾かしながら髪質を改善できるドライヤー。パナソニック独自の微粒子イオン「ナノイー」と2つの亜鉛電極から発生するミネラルマイナスイオンがキューティクルを引き締め、髪の摩擦ダメージを抑えて、しっとりまとまる髪へと導く。毛先集中ケアモードからスカルプモード、スキンモードなど、地肌から毛先、肌までケアできるモードを搭載。

Dyson「Supersonic」は、コンパクトながら一般ドライヤー用モーターの最大8倍早く回転する「ダイソン デジタルモーターV9」を搭載。過度の熱のダメージから髪を守るため、温風の最高温度は100℃に抑えつつ、取り込んだ空気を3倍に増幅し、高圧・高速気流の風が髪の根元から毛先まで速乾する。さらに髪の温度が上がり過ぎないための「インテリジェント・ヒートコントロール」機能を搭載するなど、髪へのダメージを抑える機能がある。

まぁこれ読んでも、どちらもいい内容なので迷いますよね!

「Panasonic」を量販店で使用した感想。

TURBO・DRY・SET・OFFの選択ができます。

TURBOは、そのままで強い風がでます。

DRYは、風の温度が高いです。

SETは、よくわかりません。

十分な風量もありますし、すぐ乾くし文句なしです。

切り替えのモードがたくさんあり、いつ、どのモードで使うのかの判断が難しく慣れるまで時間かかりそうです。

「Dyson」は量販店においてる商品で使用した感想

左のボタン:風の強さ3段階(強・中・弱)

右のボタン:温度調整(高温・中温・低温)

電源ボタン上にボタン:コールド

特徴の通りとにかく風量がすごい!

「髪の毛」早く乾かしたいですよね

この度壊れたドライヤーも9年も長持ちしたこともあり、値段は高いですが、妻のお願いもあり「Dyson」を購入することになりました。

実際に購入してから10ヶ月使用した感想を書きます。

・圧等的な風量・風圧で髪が乾くまでの時間が確実に短縮されます。

・インテリジェント・ヒートコントロール機能(温度が上がりすぎると自動で温度を下げる)は、すごい。地肌が熱く感じることがなくなった。

・風量ボタン(左)と温度ボタン(右)の設定が大変便利です。

・ドライヤーを長時間持っても割と重さが苦痛にならない。

子供の髪を乾かさないといけない人もいると思います。

ぼくは4歳の子供がいます。

子供って髪の毛を乾かす間じっとしてくれませんよね!

まぁ楽しくはないですから、仕方ないのですが、子供の髪の毛を乾かす時間が短縮されると少し楽です。

圧倒的な風量・風圧ですので髪を乾かす時は、子供の耳に風あたらないようにきをつけます。

風量を3段階ありますので、「」の風量で乾かしてます。

「中」の風量でも乾くのが早いので時間短縮されました。

「髪の毛乾かすこと」手間になってませんか?

妻は、毎日の髪を乾かすのが本当に楽になったと言っています。

その理由は、「乾くまでの時間」と「頭皮・地肌が熱くならない」からとはっきり言います。

髪の長い人が多い女性にとって髪の毛を乾かす時間は、そんなに苦痛なんだと知りませんでした。

男性は、髪の毛が短い人の方が多いイメージがあります。当然長髪の男性もいます。

それゆえ男性には気づきにくい部分ですね!

妻の友人が泊まりに来た際に、「ダイソン」のドライヤーを使って驚いてました。

髪の毛の乾く速さ」が全然違うと言ってます。

その時の会話の中で、「Dyson」はどこの国の製品だろうと??

「アメリカ」やろ〜って思ってましたが、「イギリス」でした。

「Dyson」は、本社を「イギリス」から「シンガポール」に移すみたいですが。

値段は、ちょっと高く感じると思いますが、髪の毛の長い人・早く乾かしたい人に便利です。

毎日使うことが多いドライヤーですので、ヘアドライが苦痛にならない商品だと思います。