「不動産は売却?買取り?」どっちがお得

住宅

こんにちはseraです。

不動産を売却したい時、どうしたらいいか迷います。

2つの方法がありますので、どちらがお得か紹介します。

2つの方法とは

  • 売却したい不動産を不動産会社に依頼して、買いたい人を探してもらう方法。
  • 売却したい不動産を、不動産会社に買取りしてもらう方法。

この2つの売却方法がほとんどです。

どちらがいいのかと聞かれると、「不動産会社に依頼して、買いたい人を探してもらう」がいいです。

不動産会社に依頼する方法

不動産を売却依頼には、3種類あります。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、媒介契約の一種で、依頼者(売主や貸主)が、他の宅建業者に重複して依頼することができないと同時に、依頼した宅建業者が紹介する相手(顧客)以外の人とは取引できない媒介契約をいいます。いわば、依頼した業者に全面的に任せるものです。

依頼を受けた業者にとっては、他の業者による横取りの心配がなく、依頼者が自分で取引相手を見つけてします可能性もないので、努力が無駄になることはなくなります。それだけ積極的な努力が期待できます。専属専任媒介契約を結んだ宅建業者は、指定流通機構への物件登録を、媒介契約締結の日から5日以内に行い、業務処理状況の報告も、1週間の1回以上行わなければなりません。他の媒介契約に比べて、より丁寧な業務が要求されています。

株式会社LIFUL 不動産・住宅情報サイトLIFUL HOME’S 引用

専任媒介契約

専任媒介契約とは、媒介契約の一種で、依頼者(売主や貸主)が他の宅建業者に重複して依頼できない媒介契約をいいます。

ただし、依頼者は自分で取引相手(顧客)を探して取引することは可能です。

依頼を受けた業者にとっては、依頼者が自ら取引相手を見つけてしまう可能性がありますが、一般媒介契約の場合と異なり、他の業者に横取りされる可能性はありません。そのため、営業努力が無駄になる確率は低く、それだけ積極的な努力が期待できます。専任媒介契約を結んだ宅建業者は、指定流通機構への物件登録を媒介契約締結日から7日以内に行い、登録済み証を依頼者に渡さなければなりません。また、業務処理の状況の報告を2週間に1回以上行う必要があります。

株式会社LIFUL 不動産・住宅情報サイトLIFUL HOME’S 引用

一般媒介契約

一般媒介契約とは、媒介契約の一種で、依頼者(売主や貸主)が複数の宅建業者に重複して依頼できる媒介契約をいいます。

依頼者は、1業者に限定することなく媒介を依頼でき、また、自ら取引相手(顧客)を探して売買や賃貸借契約を結ぶこともできます。この契約には、当初依頼した他の業者に関して、明示する義務があるもの(明示型)と明示する義務のないもの(非明示型)とがあります。

依頼を受けた業者にとっては、他の業者に対して独占的にその取引の媒介業務を行うことができませんが、業者間で物件情報を共有することで、物件を探している顧客に対しては、幅広い情報の中から紹介できるというメリットがあります。

株式会社LIFUL 不動産・住宅情報サイトLIFUL HOME’S 引用

どの媒介契約で依頼するのがいいのか

専属媒介契約」・「専任媒介契約」は、解約自体はできますが、基本的に3ヶ月の契約期間で契約してることが多いです。

それ以前の解約の場合、違約金などが発生することもあるので注意が必要です。

「一般媒介契約」は、解約はいつでも可能です。

この3種類の媒介契約は、不動産を売却したい依頼者の立場からすると同じです。不動産会社が依頼者を囲いこみたいので、「専属・専任」の契約があるのです。

媒介契約の種類で、売却活動の力量を変えるような不動産会社には、絶対に依頼すべきではありません。

一般媒介契約で依頼して、「依頼先の不動産会社の売却活動が不満」ならば他の業者に依頼すればいいだけです。

だから「一般媒介契約」で売却依頼するのがオススメです。

不動産会社に買取りしてもらう

不動産会社の「買取り・下取り」は、金額が安くなることが多いです。

買取り・下取り後」は、不動産業者が再販するので安く仕入れて高く売りたい。

不動産を売却したい方(依頼者)は、少しでも高く売りたい。ならば「不動産会社の買取り・下取り」を選ぶべきではないです。

買取り・下取り」の査定してもらい、金額を確認するのはよいと思います。

査定金額が低くて納得できない場合」は、「買取・下取り」ではなく売却依頼をすればいいと思います。

まとめ

不動産の売却方法を2つ紹介しました。

不動産会社に売却を依頼する方法

  • 「専属媒介契約」
  • 「専任媒介契約」
  • 「一般媒介契約」

どれかの媒介契約にて依頼し、不動産を売却する。

不動会社にて「買取り・下取り」してもらう方法

買取り・下取り」の査定を依頼し、査定金額を確認する。

査定金額が低く納得できない場合」は、不動産会社に売却依頼をすればいい。

不動産を少しでも高く売りたいと考えるならば、「不動産会社に売却依頼する方法」を選ぶべきと思います。