「デュタステリド」と「フィナステリド」の違い

薄毛・ハゲ

こんにちはseraです。

AGA(男性型脱毛症)の治療に効果があるとされる薬です。

デュタステリド」と「フィナステリド」について調べてみました。

AGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛・ハゲになる理由

男性は、睾丸から男性ホルモン「テストステロン」が分泌されて、血液に混ざり体内を流れます。頭皮に存在する「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき「ジヒドロテストステロン」(DHT)に変換されます。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの1種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が主な原因と考えられています。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬は、「5αリダクターゼ」が「ジヒドロテストステロン」(DHT)に転換されるのを抑制する効果があり、脱毛のリスクを「阻害・防止」するという訳です。

「デュタステリド」と「フィナステリド」とは

デュタステリド

デュタステリド(Dutasteride)は、テストステロンからのジヒドロステロン(DHT)を生成する5α-還元酵素トリプル阻害薬(英語版)である。前立腺肥大症および男性型脱毛症の治療に用いられる。商品名はアボルブ(前立腺肥大症)、サガーロ(男性型脱毛症)

wikipedia引用

男性の「薄毛・ハゲ」の原因で最も多いのがAGA(男性型脱毛症)です。

デュタステリドは「サガーロ」というAGA治療薬の主成分です。日本では2015年9月に厚生労働省が「男性型脱毛症治療薬」として認可しました。

フィナステリド

フィナステリド(finasteride)は、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する。高用量(5mg/day)で前立腺肥大症・前立腺癌に対して抑制的に作用する。Proscar等の商品名で海外で販売されているが、日本では前立腺の治療薬としては未承認。

低容量(0.2または1mg/day)で、男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されている。プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、各社から後発品が発売されている。

wikipedia引用

AGA(男性型脱毛症)の治療薬といえば「プロペシア」が有名です。

フィナステリドは、「プロペシア」のAGA治療薬の主成分になっています。日本では、「2005年10月」に厚生労働省にAGA治療薬として認可され、「2005年12月」に日本国内で発売されました。

「デュタステリド」と「フィナステリド」効果を比較

デュタステリド」と「フィナステリド」 には、「5αリダクターゼ」というAGAの原因因子に転換するのを阻害する効果があるのです。

5αリダクターゼには、「1型と2型」が存在します。

「Ⅰ型・Ⅱ型5αリダクターゼ」とは

1型5αリダクターゼは全身の側頭部と後頭部の皮脂腺に、2型5αリダクターゼは前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在します。

1型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在しているため、皮脂の分泌が多く、肌が脂っぽい人は1型5αリダクターゼの分泌が多いと言えます。

一方で、2型5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在しているので、この型の分泌が多い人は髭や体毛が濃い人が多いのです。

また、2型5αリダクターゼが多く存在している部位(前頭部や頭頂部)で薄毛が起こってるということは、その薄毛は2型5αのリダクターゼの影響を受けてるということになります。

SBC湘南美容クリニック 引用

体内で産生される「ジヒドロテストステロン」(DHT)は、約30%が「Ⅰ型5αリダクターゼ」で、約60%〜70%が「Ⅱ型5αリダクターゼ」によると言われています。

フィナステリドは、「Ⅱ型5αリダクターゼ」しか阻害しません。

デュタステリドは、「Ⅰ型・Ⅱ型5αリダクターゼ」両方を同時に阻害し、「Ⅱ型5αリダクターゼ」に対する阻害作用も「フィナステリド」より強いと言われています。

AGA治療薬として高い治療効果が得られる一方で、副作用も「フィナステリド」より高くなるとも言われています。

フィナステリド」を服用して効果が出なかった場合に「デュタステリド」を処方されることが多いようです。

効果効能

  • 「デュタステリド」:男性における男性型脱毛症
  • 「フィナステリド」:男性における男性型脱毛症の進行遅延

副作用

  • 「デュタステリド」:勃起不全・リビドー減退・精液量減少
  • 「フィナステリド」:勃起不全・リビドー減退・射精障害・精液量減少・下痢・胃不快感

献血について

  • 「デュタステリド」:服用中止後6ヶ月経過しないと献血できない
  • 「フィナステリド」:服用中止後1ヶ月経過しないと献血できない

価格について

  • 「デュタステリド(サガーロ)」:8,000円〜10,000円ほど
  • 「フィナステリド(プロペシア)」:6,000円〜8,000円ほど

※医療機関にて処方された場合の「薬代のみの参考価格」です。「初診料・診療代」は別途かかります

まとめ

「フィナステリド」を服用していても効果に満足できない方が、「デュタステリド」に変えたら効果があらわれた方もいるようです。

※ 「フィナステリド」 「デュタステリド」には、 薄毛・ハゲの進行をストップさせる薬で 発毛の効果はありません。

今の髪の毛の状態をキープさせる為の薬で、発毛目的なら「ミノキシジル」が効果的とされています。